窓のリフォームのあれこれをご紹介

自主的なフローリング補修

フローリング補修には、補修業者へ頼むことでも解決できますが、一般的で簡単な基礎知識があれば自主的に補修することも可能になり費用の節約へもつながります。フローリングは、家具との摩擦で傷もつきやすく微細に見ると目立たない傷もかなり見られます。張り替えではかなりの費用もかかるおそれがあり、探す労力も必要となりデメリットとなる要素もありますが、費用を抑えて行う場合は、簡単な知識や材料によって安上がりとなるメリットもあります。フローリング補修材はホームセンターなどでも購入でき、ペンタイプのものであれば浅い傷やきり傷を隠すことが可能です。

使いかたも簡単で床と直角にペンを擦り込んで、はみ出た部分は後にヘラなどで拭き取りさらに木目調のペンで擦り込めば完了で手軽に誰でもできます。フローリングに深い傷のある場合は同じくペンを擦り込むのですが、ちょっとした工夫が必要となります。まずは、同系色のペンを選びドライヤーの熱でペンを温めてから深い傷へと擦り込みさらにドライヤーで擦り込んだ部分を温めて溶かした状態にしてはみ出た部分をヘラで擦り込みながら後に拭き取れば完了です。このペンタイプにはさまざまな色や補修箇所に合う木目調のものに加えて、つやだしも用意されています。

もっと本格的に行いたい場合は、専用のコテやジェル、電熱コテもあります。張り替えが必要なほど傷んでいる場合は職人さんのいる業者に依頼するのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です