窓のリフォームのあれこれをご紹介

ベビーシッターが家全体をリフォームする時の注意点

ベビーシッターが家全体をリフォームする時は工事をする曜日、工事にかかる費用、その場の雰囲気などに注意です。ベビーシッターは月曜日から金曜日にかけては、母親が仕事のため、幼児を預けに来ることが多いです。そのため、リフォーム工事を平日に依頼してしまうと、自身の仕事を休まなければいけなくなります。ですが、土日は母親のほうも休みの場合がほとんどなので、自然と仕事をしなくて済みます。

なので、土日にリフォーム工事をするように業者に依頼をすれば大丈夫です。リフォームをする際に必要となる費用は、家全体の場合だとかなり高額となってしまいます。対策としては、工事の前に業者にお願いして、毎月一定額支払うローンにしてもらうのが良い手法です。ローンが無理な場合は、全体ではなく1つずつ変化させていくといいです。

ベビーシッターに向いているリフォームは、主に幼児が喜びやすい家ということになります。例えば庭は砂が敷いてあるだけの殺風景ではなく、幼児が好んで遊びやすい、小さいタイヤやブランコがある庭のほうが雰囲気的に合います。トイレは和式なら温水洗浄つきのトイレにして、壁に手すりをつければ幼児もトイレの練習をすることができます。トイレの壁に可愛らしいキリンやライオンの姿をした紙を貼るのも良い手法です。

このように、家がベビーシッターの仕事に見事に調和すると、お客が増加する要因にもなります。また、お客と会話するきっかけ作りにも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です